f
メイン画像

トップページ > お知らせ > 小さな虫歯は早めに治療するべきか?

お知らせ

小さな虫歯は早めに治療するべきか?

2021.04.27

痛みも全く無い小さな初期の虫歯を治療するべきか?

表面が脱灰しているだけであれば、歯磨きを頑張っていただいて経過を見ます。

しかし、明らかに穴が空いて凹んでいる場合は処置をした方が良いと考えています。

IMG_392

写真のように肉眼ではほとんど気付かない、レントゲン撮影してもわかりにくい歯と歯の間にできた初期の虫歯の場合はどうでしょうか?

こういった虫歯を一般の歯科医院で治療すると、

隣接インレー錆びやすい銀歯だったり

隣接CR劣化しやすいレジン(プラスチック)で埋めることになります。

ここで考えないといけないのは、治療時間を短縮するために、悪く無い健康な歯を削り過ぎてはいないか?ということです。

渡辺通さとう歯科・矯正歯科では、可能な限り歯を削らない『MI治療』を行なっております。

 

詳しくはこちら>>https://www.youtube.com/watch?v=jMOHZexfDFM

前の記事へ 次の記事へ
診察予約
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.