f
メイン画像

トップページ > お知らせ > 未だに矯正用の金属製バンドを奥歯に使用・・・? 歯ぐきに悪影響あり|歯周病の矯正歯科|大人の矯正歯科

お知らせ

未だに矯正用の金属製バンドを奥歯に使用・・・? 歯ぐきに悪影響あり|歯周病の矯正歯科|大人の矯正歯科

2014.09.01

現在矯正治療を受けられている方で、奥歯に金属の輪っか(バンド)をはめている方はいるでしょうか?

遥か昔、私がまだ学生であった頃は当たり前のように、奥歯には金属製のバンドを装着して矯正治療を行っていました。

 

バンド

他院での治療(奥から二番目の歯に金属製バンド)

 

その理由は、当時の接着剤の性能がまだあまり良くなかったために、特に咬む力が加わり装置が外れやすい奥歯は金属製のバンドで外れにくくしていたのです。

 

しかしそこには大きな問題があります。

既製の金属の輪っかを使用するために、歯面への適合が非常に悪く、

二次的に虫歯になってしまったり、歯ぐきに炎症を起こしてしまう可能性が非常に高いのです。

その為に特に成人では矯正期間中に歯周病が急激に進行してしまうケースもあります。

 

現在は、接着剤の性能も大きく向上しているため、渡辺通さとう歯科・矯正歯科では金属製のバンドを使用した事は一度もありません。

矯正装置.001

当院での奥歯の装置

 

歯並びを良くして歯周病になりにくくするための矯正治療であるはずが、矯正装置によって歯周病を進行させてしまってはどうしようもないですよね。

 

もしも、今現在矯正治療中の患者様で、奥歯に金属製のバンドが入っている方は、早めに他の装置に変更する事をお勧めします。

 

福岡県福岡市中央区天神・博多の

渡辺通さとう歯科・矯正歯科での大人の矯正歯科についてはこちら>>http://satosikaiin.com/orthodonties/

 

前の記事へ 次の記事へ
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.