f
メイン画像

トップページ > お知らせ > セラミックスとプラスチックの違いについて|長持ちする審美歯科

お知らせ

セラミックスとプラスチックの違いについて|長持ちする審美歯科

2014.08.04

歯科治療で扱う白い歯には、大きく分けて2種類あります。

ひとつはセラミックス、もうひとつはプラスチックです。

今回はこの二つの材質の違いを分かりやすくご説明します。

 

1.セラミックスは透明感のある白さがいつまでも続きますが、

プラスチックは短期間で変色してしまいます。

グラフィックス1

 

2.セラミックスは強度があり割れにくいですが、

プラスチックは割れやすく擦り減りやすいです。

グラフィックス4

 

3.セラミックスはほとんど汚れが付きませんが、

プラスチックは汚れが付きやすく、口臭の原因にもなります。

グラフィックス5

以上のことより、

セラミックスは自然な美しさを長持ちさせることが可能ですが、

プラスチックは劣化が早くリスク(虫歯、歯周病の再発)もあるため、

暫間的な仮歯に適しています。

 

福岡県福岡市中央区天神・博多の矯正歯科

渡辺通さとう歯科・矯正歯科での審美歯科治療はこちら>>http://satosikaiin.com/esthetic/

 

 

 

 

前の記事へ 次の記事へ
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.