f
メイン画像

トップページ > お知らせ > 虫歯じゃないのに歯がしみる|機能的なかみ合わせ治療|知覚過敏

お知らせ

虫歯じゃないのに歯がしみる|機能的なかみ合わせ治療|知覚過敏

2014.06.15

『歯がしみるのですが、虫歯ではないですか?』

と来院される方が、最近増えています。

 

テレビで知覚過敏予防の歯磨き粉の宣伝の影響もあるのでしょう。

虫歯ではないのに歯がしみることは、実際多くあります。

 

中でも多いケースは、咬み合わせによるものです。

人間は睡眠中や無意識のうちに食いしばりや歯ぎしりをします。

その時に歯に加わる力は、食事の時の6〜10倍と言われています。

プリント

しかし、咬み合わせに問題がある場合、歯には過度な力が働きます。

すると、歯は危険信号を発し、それが『しみる』という症状となって現れるのです。

 

そのまま放置していると、不幸にも歯の神経が死んでしまうこともあります。

もしも、歯周病が進行している方であれば、歯を失う危険性もあります。

 

歯磨き粉だけでは、何も根本的な解決はできません。

最近歯がしみるようになった方は、一度咬み合わせの診断を受けることをお勧めします。

 

福岡県福岡市中央区天神・博多の矯正歯科

渡辺通さとう歯科・矯正歯科が考える機能的なかみ合わせとは>>http://satosikaiin.com/occlusion/

 

前の記事へ 次の記事へ
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.