メイン画像

トップページ > お知らせ > 親知らずが痛い! 抜くべきか? 残すべきか?

お知らせ

親知らずが痛い! 抜くべきか? 残すべきか?

2019.01.22

年末年始に親知らずが腫れて辛い思いをされた方もいるのではないでしょうか?

親知らずとは前歯から数えて8番目の奥歯です。

顎が小さく歯並びの悪い方は、きちんと生えることができずにハグキの中に埋まっていることも多いです。

また、生えていたとしても横にずれていたり斜めに倒れている場合が多いようです。

当然そういった親知らずは歯磨きが難しいため、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

では、親知らずは抜いてしまった方が良いのでしょうか?

それとも、治療して大切に残した方が良いのでしょうか?

どちらを選択するかは、お口の中の状況によって異なります。

 

下の写真は、将来的に痛みが出そうな親知らずです。

おやしらず.001

 

当院では、まず患者様の希望をお聞きします。

 

しかし現実的には、抜歯をお勧めすることが多いです。

なぜなら親知らずは、虫歯と歯周病のリスクが非常に高いからです。

悪くなる歯が親知らずだけであれば、『痛みが出てから抜きましょう』でも良いと思います。

 

しかし残念ながら、親知らずが痛んで来院された患者様のほとんどが、1本手前の第二大臼歯も虫歯もしくは歯周病が進行しています。

リスクのある親知らずを残していたがために、手前の大切な第二大臼歯の寿命を縮めてしまっているのです。

 

上下の親知らずが真っ直ぐに生えてきて、ハグキが被っておらず、きちんと噛み合っている場合は、抜かずに大切に残した方が良いと思います。

 

しかし、ハグキが腫れたり、痛みの出てしまった親知らずは早めに抜くことをお勧めします。

当院が親知らずの抜歯をお勧めする一番の理由は、かみ合わせにとても重要な第二大臼歯を長持ちさせるためです。

 

親知らずの精密検査を希望される患者様は、ご相談ください。

ご予約はこちらから>>https://satosikaiin.com/form/

 

 

 

前の記事へ 次の記事へ
診察予約
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.