メイン画像

トップページ > お知らせ > 虫歯が無くても歯がしみる知覚過敏の治療法

お知らせ

虫歯が無くても歯がしみる知覚過敏の治療法

2017.09.19

知覚過敏の原因の一つに、歯ぐきが下がってしまい、敏感な歯の根が露出することによって歯がしみる場合があります。

歯ぐきが下がる原因には、歯周病、かみ合わせの問題、間違った歯磨きの仕方などが考えられます。

敏感な歯の根の表面にお薬を塗ってしみ難くする治療法などもありますが、効果があまり持続しません。

当院では下がってしまった歯ぐきを元に戻し、歯の根を歯ぐきでしっかり被覆する治療法をお勧めしております。

歯の根を覆うことで外部からの刺激を防ぎ、しみる症状が改善します。

 

下の写真は、ある患者様の治療例です。

ルートカバー2.001

 

かみ合わせに問題が有り、歯ぐきが下がってきたため奥歯がしみ出しました。

まずかみ合わせの治療を行い、歯ぐきの下がった歯に横揺れの負担がかからないように処置します。

 

ルートカバー2.002

 

 

その後かみ合わせの安定を確認し、下がってしまった歯ぐきを元の位置に移植します。

患者様は歯がしみる症状が無くなり、かみ合わせも安定したため、大変喜ばれました。

 

この歯ぐきの移植は、歯ぐきが下がり長くなってしまった前歯の審美性回復にも役立ちます。

歯ぐきが下がって歯がしみる方や、見た目が気になる方はご相談ください。

 

前の記事へ 次の記事へ
診察予約
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.