f
メイン画像

トップページ > お知らせ > 歯並びが悪いと大変です|矯正期間中の歯周病治療(歯茎の腫れ)について|大人の矯正歯科|歯周病の矯正歯科

お知らせ

歯並びが悪いと大変です|矯正期間中の歯周病治療(歯茎の腫れ)について|大人の矯正歯科|歯周病の矯正歯科

2016.06.21

こんにちは 副院長の佐藤千恵です。

 

渡辺通さとう歯科・矯正歯科では、矯正治療に限らず、虫歯や歯周病、被せ物やインプラント、咬み合せの治療など

幅広い範囲の治療を行っております。

今回はその中の「矯正期間中の歯周病治療」についてお話させてもらいます。

 

テレビでも日頃よく耳にする「歯周病」

おそらく多くの方が、「中高年から高齢者がなるもの」というイメージを持たれていると思います。

しかし、実際には20代でもすでに半数以上の方が歯周病予備軍になっているのが実情です。

それだけ歯周病は、私達にとって大変身近な疾患です。

 

歯の汚れ(プラーク)は、時間が経つとカチカチの硬い「歯石」になります。

歯石は、歯科医院にて専門的なクリーニングを行わないと落とせません。

歯周病予防で最も重要なのは、専門的なクリーニングではなく、毎日の自分で行う歯みがきなのです。

毎日のお風呂と一緒で「その日のお口の中の汚れは、その日のうちにしっかり落とす」ことが大切です。

 

⒈ 歯並びが悪い場合のデメリット

 

歯ブラシがうまく届かず、プラークが残ったまま時間が経過し、歯石になり、歯周病はどんどん進行していきます。

 

⒉ 歯周病の6つの症状

 

2−⒈ 歯ぐきが腫れる

2−⒉ 出血しやすくなる

2−⒊ 痛みがでる

2−⒋ 口臭がひどくなる

2−⒌ 歯ぐきが下がる

2−⒍ 歯の揺れが大きくなる

 

 

渡辺通さとう歯科・矯正歯科では、矯正治療を受ける全ての患者様に、必ず歯周病の初期治療を行いお口のなかの衛生状態を改善してから矯正治療を開始します。

また、実際に矯正治療が始まってからでも、毎回治療前に汚れ具合のチェックやクリーニングや歯石着色除去を行います。

歯並びが徐々に良くなり、今まで歯ブラシや清掃器具が届かなかった箇所のおそうじも可能になり、矯正治療が進むにつれ患者様の口元へのモチベーションも上がり、歯みがきも上手になり、歯周病も治癒していきます。

 

       矯正治療前                矯正治療中

縁下歯石.001

    歯が重なり磨けません       隠れていた汚れ(歯石)が見えてきました

 

⒊ 歯並びが良くなると得ることができる6つのメリット

 

3−⒈ 見た目が美しくなる。

3−⒉ 美味しく御飯が食べれるようになる。

3−⒊ 歯みがきがしやすくなる。

3−⒋ 虫歯になりにくくなる。

3−⒌ 歯周病になりにくくなる。

3−⒍ 将来自分の歯をたくさん残せる。

 

⒋ まとめ

 

矯正治療のメリットは、見た目の改善、機能や咬み合わせの改善だけではありません。

進行すると将来歯を失う可能性もある怖い歯周病、これを予防する為にも矯正治療は大変有効なのです。

 

福岡県福岡市中央区天神・博多で人気の矯正歯科

渡辺通さとう歯科・矯正歯科での大人の矯正歯科についてはこちら>>http://satosikaiin.com/orthodonties/

前の記事へ 次の記事へ
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.