メイン画像

トップページ > 矯正治療 症例集 > 症例1 エステティックライン

症例1 エステティックライン

エステティックラインとは、横から見た時に鼻と顎を結んだ口元のラインのことです。
「美しい口元の基準」とも呼ばれ、矯正治療の基準になります。
このケースでは、出歯により気になるエステティックラインを、
約1年半ほどの矯正期間で改善し、美しいラインを実現しました。
見た目の美しさはもちろん、矯正によって口が閉じやすくなったことで、
鼻呼吸がしやすくなり、歯周病の予防にもつながります。

口元の見た目が気になり、口が閉じにくいため口内が乾燥してしまうというお悩みを持たれていました。

口で息をしている方の典型的な汚れのつき方をしています。

口元が出ていると唇が閉じにくく、汚れがつきやすく歯周病のリスクが非常に高くなります

精密な検査を元に設計図を作成(しもだ矯正歯科クリニック 下田哲也先生が発明された素晴らしいシステム)

装置はすべてカスタムメイドで作成することによって治療期間を短縮でき、歯の負担も少なくなります

出っ歯を矯正するために内側に引っ張っていきます

約1年半ほどの治療期間で、きれいなエステティックラインになりました

非常に美しいエステティックラインになりました

診察予約
Copyright ©sato do.dental esthetics. 2014 All Rights Reserved.